読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pine’s blog

好きなテレビ・漫画・アニメ・映画。面白かったもの書きます^^

8日目 林先生が驚く初耳学

タイムシフトのおかげで気になったTVが見れて本当に満足な毎日です!(大げさ?笑)

 

今日は朝から昨日の初耳学をタイムシフトで見ました。面白かったです。

うちの長男も大好きな番組^^4年生には意味がわからないことも多いので、説明しながら見てます。結構いい勉強になるとお腹の中で思いながら、あまり勉強色が強くなると敬遠されるので注意してますが^^

 

さて、今回は林先生が2016年の10大ニュースを選んで、そこから関連した問題が出されるという形式でしたが。

私が一番気になったのは2位の『算数(小数点)論争』

 

TVを見ていない人のために、どういう問題かと説明しますと。

ネットに掲載された一つの答案用紙が話題になったもののようですね。

問題は『小数点のある算数の筆算の問題で、答えが整数になるもの』です。

数字はっきり忘れたけど・・・3.1+5.8=9.0 この0(ゼロ)を斜めの斜線で消さなければいけない。決してなかったので減点・・・この減点に意味があるのか

という論争のようです。

 

私も子供の丸付けをするとき、思ってたんですよ!これをバツにすべきかどうか・・・

で、テストでバツされたら可哀想だしね・・・と思い指摘しています。

これは我が子の成績のためであって、ルールだから、合ってるけどねって説明します。

 

でもね〜林先生が言ってたこと!

『本質・非本質が何かということを意識しないで教えている人が多い』

『先生が問題の本質を見極めて教えるべき』

 

コレコレ^^

本当にその通りだと思います。

ルールは大事、でもね。

本質は何なのか・根拠は何なのかを意識する。

大事なことですよね!

 

日本は形式を大事にする国だと思うので、算数の問題じゃなくてもこういうこと多くないですか?つい身近なことにも結びつけて色々考えてしまいました^^